huluやnetflixなど動画配信サイトを徹底比較! ジャンルの傾向や見放題の有無など目的別に比較検討できます。

動画配信サイトNAVI

動画配信コラム

制作時に偽名を使った4つの超大作とその理由

投稿日:

仮の名前

ほとんどのハリウッド映画は、映画が映画館で公開されるまで、コードネームと呼ばれる別の名前で呼ばれます。これらの映画の仮名は、映画制作を横暴なファンから隠すため、またはコストを低く抑えるために利用される場合があります。

「ブルー・ハーベスト」と呼ばれた映画

例えば、「ブルー・ハーベスト(Blue Harvest)」と呼ばれていた作品は、「スターウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還」 として公開されています。

1982年にジェダイ帰還の撮影が始まる頃、スターウォーズは巨大なポップカルチャー現象でした。ルーカスフィルムは、ファンと映画のジャーナリストから映画制作を隠すために、ワーキングタイトルを使用することに決めたのです。

ブルー・ハーベストは、アメリカでの映画制作を通じて使用されました。ブルー・ハーベストは恐らくホラー・イマジネーション(Horror Beyond Imagination)というスローガンのホラー映画だったと見られていたはずです。なぜならスタッフのTシャツ、船積み用の箱、および請求書などにはスターウォーズの名前は一切出さず、ブルー・ハーベスト名義で書かれていたからです。

日本での公開時には「ジェダイの復讐」として知られていましたが、後に「ジェダイの帰還」に変更されています。これはジョージ・ルーカスはジェダイが復讐の邪悪を知らないことに気づいたためです。

ブルー・ハーベストが映画制作のタイトルに使われたもう一つの理由は、制作費を低く抑えることでした。ルーカスフィルムが撮影していた時、スタジオはビッグネームの撮影ということで、値段を釣り上げてようです。

「プラネット・アイス」と呼ばれた映画

「プラネット・アイス」と呼ばれていたその映画はあの超大作「タイタニック」でした。タイタニック号の叙事詩映画が発表される前に、ジェームズ・キャメロン監督は、プラネット・アイスという映画を製作していたことで、ノバスコシアの海岸から氷山の映像を撮影し始めました。

作業タイトルの背後にある理由は、ジェームズ・キャメロンの映画が劇場に出る前に、タイタニックに基づいた映画を作ることから、ライバルの映画スタジオを捨てることでした。

「ローリーズ・ファースト・キス」と呼ばれた映画

「ローリーズ・ファースト・キス」というラブロマンス系の作品名が使われていた映画は、のちに「ダークナイト」となりました。

クリストファー・ノーラン監督は2007年にシカゴのダークナイトを撮影していたとき、作品名「ローリーズ・ファースト・キス」を使って、本物のアイデンティティを隠そうとしました。

しかし、偽のタイトルはバットファンズを欺くのに十分ではなかったようです。8月に本物の警官、保安官、軍警察が映画に駆り出された時、映画ジャーナリストはIMDBの概要を見て、クリスチャン・ベールとヒース・レジャーを演じた「ロリーズ・ファースト・キス」のディレクター、ノーランを特定したのです。

「57番通りの出来事」と呼ばれた映画

2010年の映画制作のために、英国の監督「57番通りの出来事」という名前で作品を撮影しはじめました。この作品はのちに「ハリー・ポッターと秘密の部屋」という名前で公開されました。

ハリー・ポッターのファンからの注意を避けるために、ハリー・ポッターと秘密の部屋の後ろの映画製作者は、ロンドン・シュート映画を通して57thストリートの奇妙な職名を使用しました。

この名前はどこからインスピレーションを得たのでしょうか。おそらくブルース・スプリングスティーンの同名曲からでしょう。

「太陽系がどのように勝利したか」と呼ばれた映画

これは誰もわからないでしょう。実際のタイトルは「2001年宇宙の旅」でした。おそらく今までに製作された最大の映画、スタンリー・キューブリックと脚本家のアーサー・C・クラークは1968年のサイエンスフィクションのコラボレーションを、このような名前でカバーしながら制作していたのです。

-動画配信コラム
-, , , , , , ,

Copyright© 動画配信サイトNAVI , 2018 All Rights Reserved.